全国グルメ産地直送お取り寄せ情報のTOPに戻る


生姜 しょうが 

薬味によく使う生姜

生姜の原産地はインド、マレー半島にかけてのアジア南部と考えられています。
生姜は日本には3世紀頃に中国から伝えらたといわれ、日本の最も古い歴史書 712年に写本された「古事記」には生姜の名前が書かれています。

日本に伝えられた生姜は薬用として栽培され、江戸時代頃からは庶民にも食用として広まりました。

最近は 体を温めるという成分があるということで生姜は大人気ですね〜

◇生姜の成分

ジンゲロール・・血行をよくする成分

ショウガオール・・胃腸を刺激して胃腸の動きを活発にし、活発になった動きによって熱が作られ、体の内部から温める。
生の生姜よりも乾燥させた生姜のほうが、ショウガオールが増えるので、体の中から温める働きが強いそうです。


◇日本での生姜の収穫量は2012年には約54000t。

生姜の収穫量ランキング

1 高知県 44%
2 熊本県 12%
3 千葉県 8%
4 宮崎県 7%
5 鹿児島県 6%




高知県の蟶篥朕夫商店で生産されている黄金生姜(こがねしょうが)は色が黄金色ですりおろしてもきれいな色をしています。
すりおろした時に本当にきれいな色をしているので、私はいつも黄金生姜を愛用しています





こちらは熊本県のひご有機農友会 大生姜です。こちらの生姜も黄金生姜の次によく購入します。


6月頃になるとスーパーには新生姜が販売されます。
新生姜の特徴は色が白っぽくて繊維が柔らかく、ツーンとくる辛味が強いように感じます。



左から 新生姜、熊本産生姜、高知県産 黄金生姜。
黄金生姜のきれいな黄色が美しいですね〜



生姜を長持ちさせるコツはキッチンペーパーに包んでその上からサランラップに包んで 冷蔵庫にいれておく。
キッチンペーパーが適度に湿り気をもって みずみずしいままに保存してくれますよ。
何日かして、キッチンペーパーがべたべたにぬれていたら、新しいキッチンペーパーで包んで保存してください。
私はいつもこの方法で長持ちさせた生姜を大切に使っています。

撮影した生姜はキッチンペーパーとサランラップで包んで冷蔵庫で保存してから、4日目です。みずみずしい状態を保っています。

スマートフォン用サイトはこちら♪◇